2.未病の理論


未病とはどんな状態のことを指すのか?

重力とのバランス医療「過労性構造体医学」では、未病を以下の3つに集約している。


  • (1) 原因のはっきりしない関節の痛みや変形、疲労骨折、及び筋・腱の損傷(ロコモ)
  • (2) 原因のはっきりしない自律神経失調状態、うつ状態、パニック症(ニューロ)
  • (3) 原因のはっきりしない生活習慣病(メタボ)

未病の原因は足に90%以上の隠れた原因がある

これらの原因がはっきりしない痛みや自律神経の不調、生活習慣病が起こる人と起こらない人との差が90%以上の割合で「外反母趾」「浮き指」「扁平足」にあることを発見!
これらの未病を改善に導く方法、つまり「未病を治す」方法として、「足裏から全身を、重力とのバランスで整える」事を最優先すべきと訴えている。その施術法が『フットケア整体』なのだ。

未病の定義

「未病」の定義とは、「緊急性が無く、当分の間様子をみても問題が無いとされ、自分の知識と努力で改善が見込まれる状態」であること。

「足健検定」は、一般の方から健康・美容・スポーツ関係者やエステ・リフレクソロジー・各種手技療法や柔整師・鍼灸師・整体師などのプロ、そして引退後のアスリートやダンス・ヨガ指導者など、あらゆる方を対象に「足と健康との関係」を、”健康に関する教養講座”として学ぶ、世界で唯一の検定です。

未病を治す手段

「足検検定」協会では「足裏から全身を重力とのバランスで整える」ことで人間に本来備わっている自然治癒力・自己治癒力を最大限に発揮させることを目的とし、その普及活動の手段としてセミナー・講演・スクールを行っている。

重要! 足裏から全身を重力とのバランスで整える

未病を治す3原則のことであり、次の3つを同時に行うことである。この中のひとつをもって全てと思いこまないことが重要である。

  • (1) 安定機能:足裏から患部及び全身のバランスを整え、自然治癒力・自己治癒力を発揮させる。
    ◆人間の土台となる足裏から「構造学的バランス」の回復を図る
  • (2) 免震機能:足裏の免震処置と血行促進のバランスを整え、自然治癒力・自己治癒力を発揮させる。
    ◆人間の土台となる足裏に免震処置をしたうえで血行促進により「過労学的バランス」の回復を図る
  • (3) 環境機能:肉体と精神のバランスを整え、自然治癒力を発揮させる。
    ◆肉体:外面からは固定でバランスを整え、内面からは栄養のバランスを整える
    ◆精神:外面からは運動、内面からは心の癒しなどによって、自律神経の安定つまり「環境学的バランス」の回復を図る

「未病を治す」 ~神奈川県黒岩知事のことば~

“「未病」とは、健康と病気を2つの明確に分けられる概念として捉えるのではなく、心身の状態は健康と病気の間を連続的に変化するものとして捉え、このすべての変化の過程を表す概念のことをいいます。また、「未病を治す」とは、「未病」で示した心身の状態における一連の変化の過程において、特定の疾患の予防・治療に止まらず、心身全体をより健康な状態に近づけることをいいます。神奈川県では、平成26年1月8日に「未病を治すかながわ宣言」を発表し、「未病を治す」という考え方を提唱し、この考えを広く普及するとともに、社会全体で健康づくりを進めています。”



▲人間の健康状態は、病気と健康との間を連続的に変化するもの。
 その変化の過程を表す概念が「未病」、心身全体をより健康に近づける行為を「未病を治す」とする。



▲神奈川県では未病産業研究会を創設、「ME-BYO」を商標登録し、ブランド化を図っている。



▲(株)足裏バランス研究所は「未病産業研究会」に所属し、県が推し進めるモデル事業として「足と健康との関係」の採用に向けて活動しています。

未病産業研究会HP http://me-byo.jp/

未病と哲学

「未病」にもその学問を裏付けとする哲学が必要である。
未病に対し、今までの古くさい診断法や治療法に固執していたのでは解決できない。未病を治すには新しい考えとなる「重力とのバランス医療」が必要であり、それにはその裏付けとなる哲学が必要なのだ。
時代の変化に伴って、医療や健康、予防などを含め未病に対する診断法や治療にも変化が必要であり、より正確さが求められている。

古代ギリシャ時代、約2500年前の哲学者で「医学の父」「医学の祖」と呼ばれているヒポクラテスの有名な言葉がある。
これを思い起こすことだ。そして、原点に戻り患者の利益に反する営利主義、利権主義的な考えの行動に陥らないことだ。

「医術者であると同時に哲学者であれ。哲学の中に医術を、医術の中に哲学を練りこまなければならない」

つまり医学と哲学は同じものだとヒポクラテスは説いている。
重力とのバランス医療「過労性構造体医学」の哲学は「地球の構造も人間の体も重力によって成り立っているので、どちらも力学的には同じ構造体」という考えである。
地球の構造「自然界の法則」を説明すると次のようになる。



注目:【未病の哲学と定義】について、詳しくはこちらをクリックする



動画

講演・その他活動情報

特別講座

笠原先生の新刊・雑誌・テレビメディア掲載情報


公式リンク

フットケアショップ 足裏天国 フットケアポディストスクール 浮き指専門サイト ひざの痛みサイト 子供の足と健康サイト 下半身ダイエット

未病を治す!フットケアグッズ

  • 外反内反靴下
    IKB-0015 外反内反靴下

    「靴下の役割が変わった!」自分の体を自分で治すには、最初に足裏のバランスを整えることが必要不可欠です。3本指構造と、甲部分に編み込まれた2本のテーピング機能で、これからロコモ・ニューロ・メタボ対策を始める方にはピッタリ!スタンダードなくるぶし丈。

  • 免震インソール
    AKG-001 免震インソール

    本来のインソールに備えるべき「免震機能」を追求し、人間本来の「かかとの柔らかさ」に近付けた、人工筋肉素材「ソルボ」の心地良いクッション性!
    かかとからの過剰な衝撃とねじれを吸収無害化することで、足・ひざ・腰・首を守り、ロコモ・ニューロ・メタボを足裏から予防します。

  • AKC-002 外反内反Wサポーター(つつ型)

    とくに足指の変形がひどい「外反母趾後期」の症状におすすめ!自宅用の「つつ型Wサポーター」は、足指の変形が進んでしまった場合でも、外反母趾・内反小趾を同時にケアできて自宅用にピッタリ!自宅では3本指テーピング靴下との併用がおすすめ!

  • AKC-001 外反内反Wサポーター(パッド入り)

    外反母趾による変形が進行しており、徐々に痛みがでてきた「外反母趾中期」の方におすすめ!指間パッド付きのWサポーターは、外反母趾・内反小趾を同時にサポートしてくれ、自宅ケアにピッタリ!子どもの外反母趾・内反小趾サポートにも最適。自宅では3本指テーピング靴下との併用がおすすめ!

  • AKD-001 ひざらくらくサポーター

    「ロコモは要介護移行率5.7倍」 現代人に急増するロコモティブシンドロームの代表的な膝の痛みには、サラシやサポーターによる「固定・サポート」がおススメ!ひざのねじれを止めて負担を軽減。裏地は肌触りのいい素材で心地良くフィット。O脚対策にもおススメできるサポーター

  • ココベルト17
    AKE-004 ココベルト

    両手を入れるポケット付きだから、力の弱い方でも強力に骨盤と股関節をサポート!ロコモに多い、「腰痛」や「股関節の痛み」にピッタリの骨盤用サポーターです。また、股の間が開き、ももが出っ張る「股関節のO脚」にも最適。ベルトがどこでもつくので、サイズ幅もあり、微調整ができて便利。

  • エア式パソコン首サポーター
    AKF-005 首がラクになるサポーター

    エア式の首サポーターで、重い頭を支えて首への負担を軽減し、首を守ります。原因のはっきりしない「首こり・肩こり」「頭痛・不眠」または「自律神経失調状態」「うつ状態」、そして「生活習慣病」の改善には。何より足と首を守り。ニューロ・メタボを予防すること!

  • その他のグッズはこちら

書籍の紹介

  • ひざの痛みはサラシ一本で98%治る!
    ひざの痛みはサラシ一本で98%治る!

    ロコモと診断され、あらゆる治療法を受けてきたけれど、ひざの痛みが治らないという方が、唯一行っていないのが「ひざサラシ固定療法」。この根本療法を是非、試してみるべきです。

  • 肩こり・腰痛は足の『浮き指』が原因だった!98%は足裏から治る
    肩こり・腰痛は足の『浮き指』が原因だった!98%は足裏から治る(浮き指測定器付き)

    「浮き指」は外反母趾よりも危険!気づかないうちに浮き指から全身が痛んでいた。自分でできる治療法と正しい歩き方で、ロコモ・ニューロ・メタボを根本改善しよう!


  • 首らくらくサポーター

    「悪い足による悪い歩き方」で、日常生活を送っているだけなのに、「ムチウチの後遺症状」に悩まされている方におすすめ!肩こり・首こり、頭痛、めまいなどの自律神経失調状態や、足頚性うつ状態には特に、首を支えるサポーターが必要不可欠なのです。大ヒット56万部を突破したベストセラー!


  • 外反母趾は今すぐ治す!

    外反母趾・浮き指研究の第一人者、笠原先生の代表的な著書。成人女性の約80%、男性や小中高生の約60%に起こる足裏の異常と、全身に引き起こされる体の痛みや不調との関係を分かりやすく説明した一冊。

  • その他の書籍はこちら

よくある質問

よくある質問はこちら よくある質問はこちら

未病ブログ

未病ブログはこちら
Kasahara

重力とのバランス医療・過労性構造体医学

Q&A 笠原巖プロフィール

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ